監査戦略

監査戦略は、監査の方向、タイミング、および範囲を設定します。この戦略は、監査計画を作成する際のガイドラインとして使用されます。戦略文書には通常、監査を適切に計画するために必要な重要な決定のステートメントが含まれています。監査戦略は、以下の考慮事項に基づいています。

  • エンゲージメントの特徴

  • 報告の目的

  • 監査のタイミング

  • コミュニケーションの性質

  • エンゲージメントチームの取り組みを指示する際の重要な要素

  • 予備的な関与活動の結果

  • 他の取り組みで得られた知識

  • エンゲージメントに利用できるリソースの性質、タイミング、および範囲

監査戦略は、おそらく簡単なメモの形で、小規模な事業体の監査には比較的短い可能性があります。監査手順の条件または結果に予期しない変更があった場合、監査戦略を変更する必要がある場合があります。変更がある場合は、変更の理由を添付のドキュメントに記載する必要があります。

監査計画には、監査チームが実施する特定の監査手順の性質、タイミング、および範囲が記載されているため、監査計画は戦略文書よりもはるかに詳細です。