参加優先株式の定義

参加する優先株は、その保有者に事業の追加収益への参加を与えます。参加機能は株式の価値を高め、発行者がより高い価格でそれを販売できるようにします。この参加は、ほとんどの種類の優先株式に関連する通常の固定配当に追加されます。投資家は、事業の収益が異常に高いか、高値で売却される可能性が高いと考えられる場合は、参加優先株式を購入して、それらの利益に参加できるようにする必要があります。参加には、次のようないくつかの形式があります。

  • 収益の権利。事業が一定の収入を生み出した場合、参加優先株式の保有者には、通常の配当に加えて、その収入の一定の割合が支払われます。

  • 清算権。事業が売却された場合、参加優先株式の保有者には、受け取った正味売却価格の一定の割合が支払われます。

これらの追加の支払いは通常、配当の形で行われます。また、参加権は、事業または事業の売却を通じて企業が獲得した金額が特定のしきい値レベルを超えた場合にのみ有効になる場合があります。しきい値のレベルによっては、参加の支払いは比較的まれな場合があります。

参加する優先株式契約には、次のような他の機能が含まれる場合と含まれない場合があります。

  • 株式の保有者は、事業またはより大きな資産の売却などの特定の行動を承認する権限を持っている場合があります。

  • 株式の保有者は、普通株式の保有者が保有するものと同様の議決権を有する場合があります。

  • 株式は累積的である可能性があるため、普通株式の保有者に配当を発行する前に、未払いの配当を支払う必要があります。

参加権が利益を生む可能性が高い場合、参加優先株式の価格は非常に高くなる可能性があり、これらの株式を保有する投資家にとって魅力的な機能になります。ただし、普通株式の保有者に分配される可能性のある資金の量が減少するため、発行者の普通株式の価格を押し下げる傾向があります。

このタイプの株式の条件の例として、ABC Companyは、参加優先株式100,000株を発行します。これにより、各株式の所有者は、年間5ドルの配当を受けることができます。さらに、保有者は、年間1,000万ドルのベースライン収益レベルを超える全会社収益の20%の比例配分を受ける権利があります。