倍額定率法による減価償却

倍額定率法による減価償却の概要

倍額定率法は、固定資産に関連する減価償却のほとんどが耐用年数の最初の数年間に認識される、加速型の減価償却です。このアプローチは、次の2つの状況のいずれかで合理的です。

  • 資産の効用が耐用年数の初期に、より急速に消費されている場合。または

  • 現在より多くの費用を認識し、それによって利益認識をさらに将来にシフトすることを目的としている場合(これは所得税の繰り延べに役立つ可能性があります)。

ただし、この方法は、従来の定額法よりも計算が困難です。また、ほとんどの資産は、耐用年数にわたって一定の割合で利用されます。これは、この方法による急速な減価償却率を反映していません。さらに、このアプローチでは、収益性の結果が将来の期間に偏り、資産集約型ビジネスの真の運用上の収益性を確認することがより困難になります。

二重減価償却法で減価償却費を計算するには、会計年度の初めの資産簿価に定額法の減価償却率の倍数を掛けます。ザ・二重定率式は次のとおりです。

残高の倍増(簿価=推定残存価額で終了)

2×定額減価償却率×年初の簿価

この方法のバリエーションは、150%の定率法で、計算に使用された2.0の数値を1.5に置き換えます。150%の方法では、二重減少法のように急速な減価償却率は得られません。

倍額定率法による減価償却の例

ABCCompanyはマシンを$ 100,000で購入します。推定残存価額は10,000ドルで、耐用年数は5年です。二重定率法による減価償却の計算は次のとおりです。