プロセス原価計算システム

プロセス原価計算システムは、同一のユニットが多数生産されている場合にコストを累積します。この状況では、製品の大規模なバッチの総計レベルでコストを累積し、それらを生産された個々のユニットに割り当てるのが最も効率的です。各ユニットのコストは他のユニットのコストと同じであると想定されているため、個々のユニットレベルで情報を追跡する必要はありません。プロセス原価計算環境の典型的な例は石油精製所であり、石油精製所を移動するときに特定の単位の石油のコストを追跡することは不可能です。

プロセス原価計算システムは、原価を累積し、会計期間の終了時にそれらを割り当てます。非常に単純化されたレベルでは、プロセスは次のとおりです。

  • 直接材料。定期的または永続的な在庫システムを使用して、期間中に使用された材料の量を決定します。次に、期間中に開始および完了したユニットの数と、開始したが完了していないユニットの数(仕掛品ユニット)を計算します。通常、材料は製造プロセスの最初に追加されると想定されます。つまり、材料費の割り当ての観点から、仕掛品ユニットは完成したユニットと同じです。次に、完全および部分的に生産されたユニットの合計に基づいて、使用される直接材料の量を割り当てます。

  • 直接労働。労働力は生産プロセス全体を通してユニットごとに蓄積されるため、直接材料よりも説明が困難です。この場合、すべての仕掛品ユニットの平均完了レベルを見積もり、そのパーセンテージに基づいて標準の直接人件費を割り当てます。また、その期間に開始および完了したすべてのユニットに、完全な標準人件費を割り当てます。実際の直接人件費とその期間の生産に請求された金額に差がある場合、その差は、生産されたユニット間で販売または配分された商品の原価に請求することができます。

  • オーバーヘッド。間接費は、直接労働について説明したのと同様の方法で割り当てられます。ここでは、すべての仕掛品ユニットの平均完了レベルを見積もり、そのパーセンテージに基づいて標準の間接費を割り当てます。次に、その期間に開始および完了したすべてのユニットに、標準的なオーバーヘッドの全額を割り当てます。直接労働の場合と同様に、実際の間接費とその期間の生産に請求された金額との差額は、売上原価に請求されるか、生産されたユニット間で配分されます。

生産または処理中のユニットに割り当てられたコストは、在庫資産勘定に記録され、貸借対照表に表示されます。商品が最終的に販売されると、原価は売上原価勘定にシフトされ、損益計算書に表示されます。

代替システム

プロセス原価計算システムが会社の原価計算システムとうまく調和しない場合、より適している可能性のある他の2つのシステムが利用可能です。個別原価計算システムは、個々のユニットまたは少量生産バッチのコストを累積するように設計されています。もう1つのオプションは、プロセス原価計算が一部の時間で使用され、ジョブ原価計算が残りの時間で使用されるハイブリッド原価計算システムです。一部の製造が大規模なバッチで行われ、他の作業ステップには個々のユニットに固有の作業が含まれる生産環境で最適に機能します。