建設的な配当

建設的配当とは、企業が配当として分類していない株主に対して行う支払いのことです。税務上、これらの支払いは配当と見なされ、そのように課税されます。この状況は、株主がほとんどいない小規模な組織で最も一般的に発生し、企業と株主の間で継続的なやり取りがあります。例えば:

  • 株主は会社が所在する建物を所有しており、会社に市場価格を上回る料金で家賃を請求します。市場価格を超えるこれらの家賃支払いの部分は、建設的な配当として解釈することができます。
  • 会社は従業員/株主に市場以上の給与を支払います。超過分は建設的な配当として分類できます。

法人は、これらの建設的な配当額について事業費控除を請求することはできません。これは、法人の課税所得が増加することを意味します。株主の課税所得の増加は、株主が以前よりも大きな納税義務を負うことを意味します。