異常な損失

特別損失とは、以下の特徴を持つ商取引に起因する損失です。

  • 取引は非常に珍しいと考えられています

  • トランザクションはめったに発生しないはずです

  • 取引は営業活動によるものではありません

異常な損失の例としては、地震がまれな地域での地震による被害や、竜巻の発生率が低い地域での竜巻被害があります。特別損失のもう1つの例は、外国政府による収用による会社資産の損失です。逆に、霜害が比較的一般的である地域の作物への霜害は、特別損失として分類する資格がありません。

特別損失は、損益計算書の個別の項目として、税控除後、および経営成績後に報告されます。そうすることにより、報告された業績および事業の財政状態に対する損失の影響をより明確に理解することができます。

特別損失は、特別利益よりもはるかに頻繁に報告されます。これは、企業には、業績をより良く見せるために、業績以外にこれらの損失を報告するインセンティブがあるためです。逆に、会社の業績を良くするためにも、業績に並外れた利益を含めるインセンティブがあります。

特別な損失が事業の財務結果に重要でない場合、通常、損失を損益計算書の他の項目に集約することは許容されます。

特別損失としての取引の分類は、GAAPでは許可されなくなり、IFRSでは許可されませんでした(代わりに、経営成績に含まれていると推定されます)。