繰延税金負債

帳簿所得が課税所得を超えると、繰延税金負債が発生します。これが発生した場合、企業は、予想税率にこれら2つのタイプの所得の差を掛けたものに基づく繰延税金負債を認識します。納税者が負債を繰り延べた程度によっては、この納税義務が実際に支払われるまでにしばらく時間がかかる場合があります。その間、負債は組織の貸借対照表に表示されます。

繰延負債が発生する理由は、税法が適用される会計フレームワーク(GAAPやIFRSなど)といくつかの点で異なるためです。たとえば、税法では減価償却費のより迅速な認識が許可されているのに対し、GAAPでは認識期間の遅延が許可されている場合があります。これは、企業が確定申告よりも財務諸表でより高い収益を認識する可能性があることを意味します。法人税債務は差額で認識されるべきである。企業が財務諸表で減価償却を徐々に認識するにつれて、負債の規模は縮小され、すべての減価償却が認識されると最終的には消滅します。