減損損失

減損損失は、公正価値の下落によって引き起こされる資産の帳簿価額の認識された減少です。資産の公正価値が帳簿価額を下回った場合、差額は償却されます。帳簿価額は、資産の取得原価から、その後の減価償却費および減損費用を差し引いたものです。

低コストの資産については、経理部門がこれらの項目の減損分析を行う価値がないため、通常、減損損失は認識されません。したがって、減損損失は通常、高額の資産に限定され、これらの損失の金額はそれに応じて大きくなる可能性があります。