義務

義務とは、発注書、住宅ローン、債券発行などの原契約に基づいて第三者に支払う義務です。義務が発生する可能性が高く、金額を決定できる場合、それは企業の会計記録に負債として記録されます。債務が1年以内に支払われる場合、それは流動負債として分類されます。債務がより長期間にわたって支払われる場合、それは固定負債として分類されます。