買収会計

買収者が他の会社を買収する場合、買収者は買収方法に基づいてイベントを記録する必要があります。このアプローチでは、買収を記録するための一連の手順が必要です。

  1. 取得した有形資産および負債を測定する

  2. 取得した無形資産および負債を測定する

  3. 買収した事業の非支配持分の金額を測定する

  4. 売り手に支払われた対価の額を測定する

  5. 取引ののれんまたは利益を測定する

これらの各ステップについては、以下で説明します。

  • 有形資産と負債を測定します。有形資産および負債は、取得日(取得者が被取得者を支配する日)の公正市場価格で測定します。リース契約や保険契約など、開始日時点で測定されるいくつかの例外があります。ただし、ほとんどの資産および負債は、取得日現在で測定する必要があります。この公正価値分析は、第三​​者の評価会社によって頻繁に行われます。

  • 無形資産と負債を測定します。無形資産および無形資産は、取得日(取得者が被取得者を支配する日)の公正市場価格で測定します。被取得企業はこれらの項目の多くを貸借対照表に記録していない可能性があるため、これは有形資産および負債の測定よりも取得企業にとって困難な作業になる傾向があります。買収取引の一環として測定および記録された無形資産は、耐用年数にわたって償却する必要があります。無形資産の耐用年数が無期限であるとみなされる場合は、有用な経済的耐用年数が決定されるまで償却しないでください。

  • 非支配持分を測定します。被取得企業の非支配持分を取得日の公正価値で測定および記録します。公正価値は、その活発な市場が存在する場合、被取得企業の株式の市場価格から導き出すことができます。非支配持分に関連する支配プレミアムがないため、この金額は、買収者が事業を購入するために支払った価格よりも1株あたりの金額が少なくなる可能性があります。

  • 支払われ対価を測定します。現金、負債、株式、偶発的利益、およびその他の種類の資産を含む、売り手に支払われる可能性のある多くの種類の対価があります。どのような種類の対価が支払われても、取得日現在の公正価値で測定されます。次の計算は、支払われた対価の合計額を確認するために使用されます。

+売り手に支払われる資産の公正価値

+既存の被取得者報奨に代わる取得者株式報奨の公正価値

-売り手が負担した負債の公正価値

=支払われた対価の合計

取得者は、この考慮計算に、収益などの将来の支払い義務の金額を含める必要があります。買収日以降に、収益の取り決めに基づく目標の完了などのイベントが発生した場合、その会計上の認識は、支払われた対価の種類によって異なります。条件付支払が資本である場合、支払われた対価の再測定はなく、発行された資本の金額の変更は貸借対照表の資本セクションに記載されます。偶発的支払に資産または負債が含まれる場合、偶発的事象が解決されるまで、その後の各報告日に再測定され、純利益に変動が報告されます。

  • のれんまたはバーゲン購入の利益を測定します。上記のすべてのステップが完了した後、取得者は、次の計算を使用して、のれんまたは割安購入による利益の金額に戻す必要があります。

支払われた対価+非支配持分–取得した識別可能な資産

+取得した識別可能な負債

非営利団体が関与する場合は、多少異なるアプローチが使用されます。非営利の取得者が、公正価値が支払われた対価よりも大きい被取得者の支配権を獲得した場合、取得者は固有の貢献を受けたと言われます。