会計実務の定義

経理業務は、経理部門がビジネストランザクションを作成および記録するために使用する手順と制御のシステムです。一貫して信頼できる財務諸表を作成するためにまったく同じ方法で処理しなければならないビジネストランザクションが多数あるため、会計慣行は理想的には非常に一貫している必要があります。監査人は、会社の財務諸表を調査する際に一貫した会計慣行に依存しています。優れた会計慣行の例は次のとおりです。

  • 常に同じ計算を使用して、従業員に支払われる残業の金額を決定します

  • 常に商品が出荷された日に顧客に請求を発行します

  • 支払期日に常にサプライヤーの請求書を支払う

  • 同じクラスの固定資産に対して常に同じ減価償却方法を使用する

高レベルの会計慣行の開発では、義務付けられたプロセスフローからの逸脱を定期的に検査する必要があります。これにより、エラーを発見し、根本的な原因を修正できます。このレベルの自己検査は、経理スタッフが以下を理解するのに十分なレベルのトレーニングを受けている場合にのみ可能です。

  • 適切なプロセスフロー

  • 許可されたプロセスからの逸脱が発生したとき

  • エラーに対する体系的な修正を考案する方法

  • 変更がプロセスに適切に実装されていることを確認する方法

会計慣行では、ベストプラクティスの継続的なインストールと更新も求められているため、会計プロセスの効率と有効性の両方が時間の経過とともに向上します。そのためには、ベストプラクティスを特定し、加えられた変更をインストールおよび監視するための追加のスキルが必要です。これには、コンピューター化された会計システムのインストール、および選択された会計トランザクションのデータ記録の自動化が含まれる可能性が非常に高いです。