年末の調整

年末調整は、該当する会計フレームワークに準拠した一連の帳簿を作成するために、会計年度末にさまざまな総勘定元帳勘定に行われる仕訳です。毎月の本の管理の程度によっては、年末の調整が必要になる場合があります。必要なこれらの調整の数は、本を閉じるのに必要な時間に直接影響します。

年末調整の例は次のとおりです。

  • サプライヤーの請求書がまだ受け取られていない費用の発生。たとえば、銀行からの利息請求が遅れて到着する可能性があるため、費用が発生します。
  • まだ支払われていない労働時間の給与費用の発生。たとえば、賃金は30日の月の28日まで支払われるため、最後の2日間の賃金費用を発生させる必要があります。
  • 獲得されたがまだ請求されていない収益の発生。たとえば、契約では、請求は基礎となるプロジェクトの完了時にのみ発生することが義務付けられているため、その時点より前に獲得した収益を計上する必要があります。
  • 固定資産の減価償却費。一部の中小企業は、月次ベースで減価償却費を認識せず、代わりに年末に1回だけ認識することを選択します。
  • 決算プロセスの一部として調整された総勘定元帳勘定の調整。たとえば、前払費用勘定を確認すると、前月にいくつかの項目が費用として請求されているはずであることが判明したため、これらの項目は年末に請求されます。
  • あるアカウントから別のアカウントへのトランザクションの再分類。たとえば、長期債務の取り決めに基づいて支払われるべき金額の一部は、1年以内に支払われるため、短期債務として再分類されます。
  • 外部監査人が発見した問題に基づく調整。たとえば、監査人は、最終在庫が10,000ドル過大評価されていることを発見し、状況を修正するために年末の調整を行う必要があります。