会計原則委員会の定義

会計原則委員会(APB)は、会計理論と会計の実際の応用について権威ある声明を発表したグループでした。APBは、米国公認会計士協会によって組織および監督され、1959年から1973年まで運営されました。メンバーシップは18〜21人で、ほとんどの参加者は主要な会計事務所から来ていました。その後、APBは財務会計基準審議会(FASB)に置き換えられました。交換の主な理由は次のとおりです。

  • APBが親組織の影響を受ける可能性があるため、独立した組織の必要性が必要であると考えられました。

  • APBによって生成される少量の出力

  • APBメンバーによってAPB意見文書に追加された多数の適格な承認

APBの成果は、14年間運営されている組織にとっては比較的小さく、その間に発行された意見は31件、声明は4件のみでした。ただし、この資料の一部は、後の会計基準の形成に影響を与えることが証明されており、一部の意見は部分的に有効なままです。現在も使用されている意見の例は、財務諸表の連結、債務の処理、中間財務報告など、財務諸表の内容と構造を扱っています。逆に、他のAPBの宣言は、FASBによって完全に修正または置き換えられています。

APBからのアウトプットが低水準であった理由は、そのメンバーがパートタイムでしか活動していなかったためです。その代わりとなる財務会計基準審議会は、十分な資金を備えた常勤のスタッフがいるため、はるかに効果的であることが証明されています。したがって、FASBは、幅広い会計トピックにまたがるはるかに多くのコンテンツを発行しています。