控除可能な一時差異

控除可能な一時差異は、課税対象の利益または損失を決定する際に将来控除できる金額をもたらす一時的な差異です。一時的な差異は、貸借対照表の資産または負債の帳簿価額とその課税基準との差異です。控除可能な差異に対して相殺される課税所得が利用可能である可能性が高い場合、すべての控除可能な一時差異について繰延税金資産が認識されます。