買掛金の計算式

買掛金計算式は、会社がサプライヤーに支払うのにかかる日数を測定します。ある期間から次の期間に日数が増える場合、これは会社がサプライヤーに支払うのが遅いことを示しており、財政状態が悪化していることを示している可能性があります。支払日数の変更は、サプライヤーとの支払い条件の変更を示している場合もありますが、多くのサプライヤーが比率を有意義な範囲で変更するには条件を変更する必要があるため、これが合計日数にわずかな影響を与えることはめったにありません。 。

企業がサプライヤーに非常に迅速に支払いをしている場合、短期がビジネスモデルの一部であるか、会社の信用リスクが高すぎてより長い支払い期間を許可できないと感じているため、サプライヤーが迅速な支払い条件を要求している可能性があります。

買掛金日数を計算するには、測定期間中のサプライヤーからのすべての購入を要約し、その期間中の買掛金の平均額で割ります。式は次のとおりです。

サプライヤーの購入総額÷((買掛金の開始+買掛金の終了)/ 2)

この式は、買掛金の総売上高を示しています。次に、結果の売上高を365日に分割して、買掛金の日数を算出します。

分子にはサプライヤーからのクレジットによる購入のみを含める必要があるため、式を変更してサプライヤーへの現金支払いを除外することができます。そうしないと、支払日数が少なすぎるように見えます。ただし、通常、サプライヤーへの前払いの現金支払い額は非常に少ないため、この変更は必要ありません。

例として、ABC Companyの管理者は、過去1年間の会社の買掛金日数を決定したいと考えています。この期間の初めに、最初の買掛金残高は$ 800,000で、最後の残高は$ 884,000でした。過去12か月の購入は$ 7,500,000でした。この情報に基づいて、コントローラーは買掛金回転率を次のように計算します。

$ 7,500,000購入÷(($ 800,000開始買掛金+ $ 884,000終了買掛金)/ 2)

= $ 7,500,000購入÷$ 842,000平均買掛金

= 8.9買掛金回転率

したがって、ABCの買掛金は過去1年間で8.9回以上回転しました。買掛金回転率を日数で計算するために、コントローラーは8.9ターンを365日に分割し、次のようになります。

365日÷8.9ターン= 41日

この計算を使用する際に注意すべきいくつかの問題があります。企業は、分子で販売された商品の原価のみを使用して買掛金日数を測定する場合があります。分子にも含める必要のある一般管理費が大量に発生する可能性があるため、これは正しくありません。企業が分子で販売された商品の原価のみを使用する場合、これにより、支払日数が極端に少なくなります。

同類項

買掛金の計算式は、債権者日とも呼ばれます。