年金給付債務

年金給付債務は、従業員が獲得した退職給付の現在価値です。この義務の金額は、以下を含むいくつかの仮定に基づいて、アクチュアリーによって決定されます。

  • 推定される将来の昇給

  • 推定従業員死亡率

  • 推定支払利息

  • 残りの従業員サービス期間の推定

  • 以前のサービス費用の償却

  • 保険数理上の利益または損失の償却

次に、この負債の金額は現在価値まで減額され、年金給付債務が導き出されます。次に、この金額をプランの現在の資金と比較して、追加の資金がどれだけ必要かを判断します。この検査は、企業の将来の支払い義務を決定するのに役立ちます。