経費会計

経費会計には、消費された支出または発生した義務の認識と記録が含まれます。このプロセスは、正しい金額とレポート期間で費用を認識するために重要です。経費会計では、次のアクティビティが必要です。

消費支出-サプライヤの請求書を受け取ったとき、または商品やサービスと引き換えに現金で支払いを行ったときに発生します。

  1. 金額を費用として扱うか資産として扱うかを決定します。アイテムが複数の期間にわたって消費される可能性がある場合、それは資産として扱われる可能性があります。

  2. 経費の場合は、直接材料費、消耗品経費、光熱費などの正しい経費勘定で認識します。

  3. 資産の場合は、前払費用勘定(短期資産の場合)または固定資産勘定(長期資産の場合)のいずれかに記録します。

  4. 前払いの費用の場合は、毎月それを監視し、消費された費用として請求します。

  5. 固定資産の場合は、完全に消費されるまで、毎月の減価償却費にその一定部分を請求します。

  6. 請求書を受け取っていない、または支払いを行っていない場合でも、サプライヤーに支払う義務がある場合があります。その場合は、現在の期間に発生した費用を記録し、次の期間にそれを取り消す逆仕訳を作成します。そうすることで、費用が正しい期間に認識されるようになります。請求書が受領されるか、次の期間に支払いが行われると、取消が相殺され、次の期間に正味入力がなくなります。

発生した義務-企業が第三者に支払う義務を負った場合に発生します。

  1. 可能性のある義務があるかどうかを判断し、金額を明確に判断できます。もしそうなら、負債を記録します。負債の相殺は費用の請求です。

  2. 後の期間に義務を見直して、金額が変更されたかどうかを確認します。その場合は、負債と相殺費用を調整します。

ここに記載されている費用会計は、発生主義会計システムで使用されます。