借方と貸方

借方と貸方の定義

商取引は、組織の財務諸表に金銭的な影響を与えるイベントです。これらのトランザクションを会計処理するとき、2つのアカウントに数値を記録します。ここで、借方の列は左側にあり、貸方の列は右側にあります。

  • デビットは、どちらかが資産または費用勘定が増加し、または負債または資本勘定を減少させることを占めたエントリです。会計仕訳の左側に配置されます。

  • クレジットはどちらかが、負債または資本勘定が増加し、または資産または費用勘定を減少させることを占めたエントリです。会計仕訳の右側に配置されます。

借方と貸方の使用

会計トランザクションが作成されるたびに、少なくとも2つのアカウントが常に影響を受け、一方のアカウントに対して借方エントリが記録され、もう一方のアカウントに対して貸方エントリが記録されます。トランザクションに関係するアカウントの数に上限はありませんが、最小は2つ以上のアカウントです。トランザクションの借方と貸方の合計は常に互いに等しくなければならないため、会計トランザクションは常に「バランスが取れている」と言われます。取引のバランスが取れていないと、財務諸表を作成することはできません。したがって、2列のトランザクション記録形式での借方と貸方の使用は、会計の正確性に対するすべての制御の中で最も重要です。

借方または貸方の固有の意味については、かなりの混乱が生じる可能性があります。たとえば、現金口座から借方に記入する場合、これは手持ちの現金の量が増えることを意味します。ただし、買掛金勘定から借方に記入すると、買掛金負債の金額が減少します。これらの違いは、借方と貸方がいくつかの幅広い種類のアカウント間で異なる影響を与えるために発生します。

  • 資産勘定。借方は残高を増やし、貸方は残高を減らします。

  • 負債勘定。借方は残高を減らし、貸方は残高を増やします。

  • 資本勘定。借方は残高を減らし、貸方は残高を増やします。

借方と貸方の使用がこのように逆転しているように見える理由は、会計トランザクションの構造全体が構築される基礎となる会計方程式によって引き起こされます。

資産=負債+資本

したがって、ある意味では、資産を所有できるのは、負債または資本で資産を支払った場合のみです。したがって、一方を所有するには、もう一方を所有する必要があります。したがって、借方と貸方を使用してトランザクションを作成する場合、通常は資産を増やし、負債または資本勘定も増やします(またはその逆)。ある資産勘定科目を増やし、別の資産勘定科目を減らすなど、いくつかの例外があります。損益計算書に表示される勘定科目に関心がある場合は、次の追加規則が適用されます。

  • 収益勘定。借方は残高を減らし、貸方は残高を増やします。

  • 経費勘定。借方は残高を増やし、貸方は残高を減らします。

  • アカウントを取得します。借方は残高を減らし、貸方は残高を増やします。

  • 損失勘定。借方は残高を増やし、貸方は残高を減らします。

これらの問題に本当に混乱している場合は、借方は常に左側の列に表示され、貸方は常に右側の列に表示されることを覚えておいてください。例外はありません。

借方と貸方のルール

借方と貸方の使用を管理する規則は次のとおりです。

  • 通常、借方残高を含むすべてのアカウントは、借方(左の列)が追加されると金額が増加し、貸方(右の列)が追加されると金額が減少します。このルールが適用されるアカウントのタイプは、費用、資産、および配当です。

  • 通常クレジット残高を含むすべてのアカウントは、クレジット(右の列)が追加されると金額が増加し、デビット(左の列)がアカウントに追加されると減少します。このルールが適用されるアカウントのタイプは、負債、収益、および資本です。

  • 借方の合計額は、トランザクションの貸方の合計額と等しくなければなりません。それ以外の場合、会計トランザクションは不均衡であると言われ、会計ソフトウェアによって受け入れられません。

一般的な会計取引における借方と貸方

次の箇条書きは、より一般的なビジネストランザクションでの借方と貸方の使用に注意してください。

  • 現金での販売:現金口座からの引き落とし| 収益勘定に貸方記入します

  • クレジットでの販売:売掛金勘定から借方に記入します| 収益勘定に貸方記入します

  • 売掛金の支払いで現金を受け取る:現金口座から借方に記入する| 売掛金勘定に貸方記入します

  • サプライヤから現金で消耗品を購入する:消耗品の費用勘定を借方に記入する| 現金口座に入金する

  • クレジットでサプライヤーから消耗品を購入する:消耗品費用勘定から借方に記入します| 買掛金勘定に貸方記入します

  • サプライヤーから現金で在庫を購入する:在庫勘定から借方に記入する| 現金口座に入金する

  • クレジットでサプライヤーから在庫を購入する:在庫勘定から借方に記入する| 買掛金勘定に貸方記入します

  • 従業員への支払い:賃金費用と給与税勘定を借方に記入します| 現金口座に入金する

  • ローンを組むデビットキャッシュアカウント| クレジットローン買掛金

  • ローンの返済:デビットローンの買掛金| クレジット現金口座

借方と貸方の例

アーノルドコーポレーションは、1,000ドルの現金で顧客に製品を販売しています。これにより、収益は1,000ドル、現金は1,000ドルになります。アーノルドは、借方で現金(資産)勘定の増加を記録し、貸方で収益勘定の増加を記録する必要があります。エントリは次のとおりです。