パートナーシップの長所と短所

パートナーシップは、所有者がビジネスの行動に対して無制限の個人的責任を負うビジネス組織の一形態です。パートナーシップの所有者は、自分の資金と時間をビジネスに投資し、それによって得られた利益に比例して分配します。また、資金を提供しているが日常業務には参加していないパートナーが限られている場合もあります。リミテッドパートナーは、彼または彼女が事業に投資した資金の額に対してのみ責任を負います。これらの資金が支払われると、合資会社はパートナーシップの活動に関して追加の責任を負いません。有限責任組合員がいる場合は、事業の積極的な管理者である指定されたゼネラルパートナーも存在する必要があります。この個人は、個人事業主と本質的に同じ責任を負います。

パートナーシップの主な利点は次のとおりです。

  • 資本の源。多くのパートナーがいる企業は、個人事業主の場合よりもはるかに豊富な資金源を持っています。

  • 専門分野。ゼネラルパートナーが複数いる場合は、スキルセットの異なる複数の人が事業を営む可能性があり、全体のパフォーマンスを向上させることができます。一般的に、これはビジネス内により多くの専門知識があることを意味するかもしれません。

  • 最小限の税申告。パートナーシップが提出しなければならないフォーム1065は、複雑な税務申告ではありません。

  • 二重課税はありません。企業の場合のように二重課税はありません。代わりに、利益は所有者に直接流れます。

パートナーシップのデメリットは次のとおりです。

  • 無制限の責任。個人事業主の場合と同様に、合名会社はパートナーシップの義務に対して無制限の個人的責任を負います。これは連帯責任であり、債権者は事業全体の義務について単一のゼネラルパートナーを追求できることを意味します。

  • 自営業税。スケジュールK-1で報告された経常利益のパートナーのシェアは、自営業税の対象となります。これは、これらの税金を免除されていない事業​​によって生み出されたすべての利益に対する15.3%の税金(社会保障およびメディケア)です。