仕掛品フォーミュラの終了

仕掛品(WIP)は、部分的に完了した在庫ですが、完成品在庫として分類する前に追加の処理が必要です。仕掛品の終了量は、期末処理の一部として導出する必要があり、生産活動の量を追跡するのにも役立ちます。仕掛品の終了の計算は次のとおりです。

仕掛品の開始+製造コスト-製造原価

=仕掛品の終了

たとえば、ABCインターナショナルは5,000ドルの仕掛品を開始し、その月の間に29,000ドルの製造コストを負担し、その月の間に製造された商品のコストとして30,000ドルを記録します。仕掛品の最終作業は次のとおりです。

5,000ドルの仕掛品の開始+29,000ドルの製造コスト-30,000ドルの製造原価

= 4,000ドルの終了仕掛品

この式は、手直し、スクラップ、腐敗、誤った記録保持などの要因により、式の結果と実際の手持ちの仕掛品のコストとの間にかなりの相違が生じる可能性があるため、プロセス番号でおおよその終了作業を生成するだけです。ほとんどの場合、これらの追加の問題により、現在の期間に追加のアイテムを費用として請求することにより、仕掛品の終了量が削減されます。

その結果、一部の企業は2つの代替手法を使用して、仕掛品の終了に到達します。

  • WIPを記録しません。製造プロセスは非常に迅速または合理化されているため、企業は測定期間の終わりまでにすべての生産を完了でき、仕掛品がなくなります。あるいは、WIPの量は(一部のジャストインタイム環境の場合のように)非常に重要ではないため、測定する必要がない場合があります。

  • カウントを実行します。数式を使用するのではなく、仕掛品のカウントを実行し、完了の段階に基づいて標準コストを割り当てます。このアプローチは非常に労働集約的であるため、お勧めしません。