ユニットあたりの貢献度の計算方法

ユニットあたりの貢献は、関連する収益からすべての変動費を差し引いた後の、1ユニットの販売に残された残余利益です。この情報は、製品を販売するための最低価格を決定するのに役立ちます。本質的に、ゼロの単位あたりの寄与を決して下回らないでください。そうでなければ、すべての販売でお金を失うでしょう。負の貢献利益を生み出す価格で販売する唯一の考えられる理由は、競合他社への販売を拒否することです。

ユニットあたりの貢献を計算するには、問題の製品のすべての収益を要約し、これらの収益からすべての変動費を差し引いて総貢献利益を算出し、生産または販売されたユニットの数で割ってユニットあたりの貢献を算出します。したがって、ユニットあたりの貢献度の計算は次のとおりです。

(総収入-総変動費)÷総ユニット=ユニットあたりの貢献

1つの製品のみが販売されている場合、この概念を使用して、ビジネス全体が損益分岐点になるように販売する必要のあるユニット数を見積もることもできます。たとえば、企業に10,000ドルの固定費があり、販売されたユニットごとに5ドルの貢献利益が発生する場合、会社は損益分岐点に達するために2,000ユニットを販売する必要があります。ただし、さまざまな貢献利益を持つ製品が多数ある場合、この分析を実行するのは非常に困難になる可能性があります。

困難を引き起こす可能性のある単位計算あたりの貢献の重要な要素は変動費です。これには、収益によって直接変動するコストのみを含める必要があります。したがって、間接費を含めるべきではなく、直接人件費を含めることはめったにありません。通常、変動費は、直接材料、製品が製造されなかった場合に消費されない供給品、手数料、およびピースレートの賃金のみで構成されます。

ユニットあたりの貢献の例として、ABC Internationalは、紫色のウィジェットの販売から、直近のレポート期間に20,000ドルの収益を生み出しました。これらの収益に関連する変動費は14,000ドルです。つまり、紫色のウィジェットの全体的な貢献利益は6,000ドルでした。 ABCは500個の紫色のウィジェットを販売したため、ユニットあたりの貢献は12ドルでした(6,000ドルの貢献利益÷500ユニットの販売として計算)。