代替品の脅威

代替品の脅威は、顧客が業界外から購入できる他の製品の入手可能性です。競争力のある価格で適度に近い利益を提供する代替製品が利用可能である場合、業界の競争構造は脅かされます。この場合、価格は代替品が利用できる価格によって制限されるため、業界内で生み出される収益性の量が制限されます。

代替品の強い脅威がある場合、業界のプレーヤーは可能な限り最も効率的な方法で運用することにもっと注意を払う必要があります。そうでなければ、それらの高コスト構造は収益性を妨げ、一部の企業を廃業に追い込む可能性があります。

代替品の脅威が減少すると、業界のプレーヤーはコスト管理が緩くなる傾向があり、その結果、顧客に請求される価格が高くなります。業界外との競争の可能性が少ないため、業界内での利益の可能性が高くなります。したがって、企業は顧客を犠牲にしてより高い利益を生み出す傾向があります。

次の要因は、業界の代替品の脅威を高めます。

  • お客様は簡単に製品を切り替えることができます。

  • 代替製品は、お客様がすぐに利用できます。

  • 代替製品は、業界内の同等の製品よりも優れた機能を備えています。

  • 代替製品は、業界内の同等の製品よりも高い品質/信頼性を備えています。

  • 代替製品は、業界内の同等の製品よりも低コストです。

企業が代替品の脅威を軽減する方法はいくつかあります。たとえば、マーケティング活動、製品品質、サポートサービスを通じて、ブランドロイヤルティを刺激することができます。または、特定の市場ニッチに集中して、それらのニッチ内の顧客に提供する価値が、顧客が代替品から得ることができる価値を超えるようにすることもできます。もう1つの可能性は、代替品に移行する可能性が最も高い顧客を特定し、サービスとマーケティングの取り組みを強化する対象とすることです。これにより、組織がもたらす特定の価値を認識できます。

投資分析の観点からは、業界内の企業は平均以上の利益を得る可能性が高いため、代替品の脅威が低い場合、業界は投資のより良い見通しです。