先入れ先出し法(FIFO)

先入れ先出し法の概要

在庫評価の先入れ先出し(FIFO)方式は、最初に購入した商品が最初に販売した商品でもあるというコストフローの仮定です。ほとんどの企業では、この仮定は実際の商品の流れと厳密に一致しているため、理論的に最も正しい在庫評価方法と見なされています。最も古い商品を最初に売却すると在庫が陳腐化するリスクが軽減されるため、FIFOフローの概念は企業が従うべき論理的な概念です。

FIFO方式では、購入された最初の商品が在庫勘定から最初に削除された商品です。これにより、在庫の残りの項目が直近に発生した原価で会計処理されるため、貸借対照表に記録された棚卸資産には、市場で取得できる最新の原価に非常に近い原価が含まれます。逆に、この方法では、古い取得原価が現在の収益と照合され、売上原価に記録されます。これは、粗利益が必ずしも収益とコストの適切なマッチングを反映していないことを意味します。たとえば、インフレ環境では、現在のコストの収益ドルは、古くて低コストの在庫アイテムと照合され、可能な限り最高の粗利益が得られます。

FIFO方式は、一般に認められた会計原則と国際財務報告基準の両方で許可されています。FIFO方式では、定期的または永続的な在庫システムでも同じ結果が得られます。

先入れ先出し法の例

Milagro Corporationは、1月にFIFO方式を使用することを決定しました。その月の間に、次のトランザクションを記録します。