負債の例

負債は、第三者に支払われる法的義務です。負債は、自然な信用残高を持つ負債タイプの勘定の総勘定元帳に記録されます。負債勘定のいくつかの例を次のリストに示します。これらは、現在の負債と長期の負債に分けられます。

流動負債勘定(1年以内に期限が到来):

  • 買掛金。サプライヤーに支払われる請求済みの負債。

  • 未払債務。サプライヤーからまだ請求されていないが、貸借対照表日時点で未払いの負債。

  • 未払賃金。貸借対照表日現在、従業員に支払われているがまだ支払われていない報酬。

  • 顧客預金。売り手がサービスを完了したり商品を顧客に発送したりする前に顧客が行う支払い。商品またはサービスが提供されない場合、会社は資金を返還する義務があります。

  • 債務の現在の部分。1年以内に支払われるべき長期債務の一部。

  • 繰延収益。会社がまだ獲得していない顧客による支払い。

  • 未払法人税。政府に支払うべき所得税。

  • 支払利息。貸し手がまだ請求していない債務に発生した利息。

  • 給与税の支払い。最近の給与取引の完了に起因する未払税金。

  • 給与の支払い。従業員に支払うべき報酬。通常、次の給与計算サイクルで支払われます。

  • 消費税の支払い。顧客に請求される消費税。会社は該当する税務当局に納付する必要があります。

  • 未払税金を使用します。使用税は基本的に消費税であり、そうでなければ税金を送金するサプライヤーを通じてではなく、管轄権を有する政府に直接送金されます。

  • 保証責任。保証請求がまだ受けられていない、販売に関連する保証責任の引当金。

固定負債勘定(1年以上の期限):

  • 未払社債。1年以上支払期日が到来する社債の元本残高。

  • ローンの支払い。1年以上支払期日が到来する債務。

通常の負債勘定を相殺する少数の反対負債勘定もあります。これらの反対勘定には、自然な借方残高があります。コントラ負債勘定の数少ない例の1つは、社債(または支払手形)勘定の割引です。