投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローは、会社の財務諸表を構成する文書の1つであるキャッシュフロー計算書の項目です。この項目には、指定されたレポート期間中に企業が投資の利益または損失、および固定資産への新規投資または固定資産の売却から経験した変更の合計が含まれます。投資活動の項目に含まれる可能性のある項目は次のとおりです。

  • 固定資産の購入(マイナスのキャッシュフロー)

  • 固定資産の売却(プラスのキャッシュフロー)

  • 株式や債券などの投資商品の購入(マイナスのキャッシュフロー)

  • 株式や債券などの投資商品の販売(プラスのキャッシュフロー)

  • お金の貸し出し(マイナスのキャッシュフロー)

  • ローンの回収(プラスのキャッシュフロー)

  • 損害を受けた固定資産に関連する保険決済の収入(プラスのキャッシュフロー)

会社が連結財務諸表を報告している場合、上記の項目は、連結業績に含まれるすべての子会社の投資活動を集計します。

投資活動の項目からのキャッシュフローは、キャッシュフロー計算書で最も重要な項目の1つです。これは、営業活動から発生するプラスまたはマイナスのキャッシュフローを大幅に相殺する実質的な資金源または現金の使用である可能性があるためです。これは、製造業など、固定資産への多額の投資を必要とする資本の多い産業では特に重要です。企業が固定資産の購入に対して持続的にマイナスの純キャッシュフローを報告している場合、これは企業が成長モードにあることを示す強力な指標であり、追加投資に対してプラスの利益を生み出すことができると考えています。