事業体の概念

事業体の概念は、事業に関連する取引は、その所有者または他の事業の取引とは別に記録する必要があると述べています。そのためには、他のエンティティまたは所有者の資産と負債を完全に除外する、組織の個別の会計記録を使用する必要があります。この概念がなければ、複数の事業体の記録が混ざり合い、単一の事業の財務結果または課税結果を識別することは非常に困難になります。事業体の概念のいくつかの例を次に示します。

  • 企業は、その唯一の株主に1,000ドルの分配金を発行します。これは、事業の記録における資本の減少であり、株主への課税所得は1,000ドルです。

  • 会社の所有者は個人的にオフィスビルを取得し、そのスペースを月額5,000ドルで会社に賃貸します。この家賃支出は会社にとって有効な費用であり、所有者にとって課税所得です。

  • 事業主は自分の会社に100,000ドルを貸し付けています。これは、会社によって負債として記録され、所有者によってローン債権として記録されます。

個人事業主、パートナーシップ、企業、政府機関など、さまざまな種類の事業体があります。

事業体の概念には、次のようないくつかの理由があります。

  • 各事業体は別々に課税されます

  • 事業体の財務実績と財政状態を計算する必要があります

  • 組織が清算されたときに、さまざまな所有者への支払い額を決定するために必要です

  • 事業体に対する法的判断の際に利用可能な資産を確認することは、責任の観点から必要です。

  • 記録が他の事業体および/または個人の記録と組み合わされている場合、事業の記録を監査することはできません。