未払給与

未払給与とは、従業員が獲得したがまだ支払われていない給与について、報告期間の終了時に残っている負債の金額を指します。この情報は、特定の時点での企業の残余補償責任を決定するために使用されます。

未払給与の例として、ジョーンズ氏には月額10,000ドルの給与が支払われます。これは、その月の25日に支払われます。月末の時点で、ジョーンズ氏の雇用主は彼に5日間の給与を支払う義務があります。これは、彼の月給の16.6%です。したがって、月末に、雇用主は給与のこの未払い部分を反映するために1,666.67ドルの給与費用を発生させます。エントリは逆仕訳です。つまり、翌月の初めに逆仕訳され、翌月の後半にジョーンズ氏への実際の給与支払いに置き換えられます。この見越額には、関連する給与税を発生させるための追加のエントリが伴う場合があります。

未払給与エントリは、報酬(または給与)費用勘定への借方であり、未払賃金(または給与)勘定への貸方です。未払賃金勘定は負債勘定であるため、貸借対照表に表示されます。金額が1年以内に支払われる場合、この項目は貸借対照表で流動負債として分類されます。