未払賃金

未払賃金とは、時給制の従業員が稼いだがまだ支払われていない賃金について、報告期間の終わりに残っている負債の額を指します。この負債は、事業の貸借対照表の流動負債セクションに含まれています。未払賃金は、実際に支払われた金額だけでなく、報告期間中に企業が負担した賃金費用全体を認識するために記録されます。

たとえば、スミス氏には1時間あたり20ドルが支払われます。彼はその月の25日まで支払われ、その月の26日から30日の間にさらに32時間働きました。この未払い額は640ドルで、雇用主は月末の未払賃金として記録する必要があります。この見越額には、関連する給与税を発生させるための追加のエントリが伴う場合があります。

未払賃金エントリは、賃金費用勘定への借方であり、未払賃金勘定への貸方です。次のレポート期間の開始時に、エントリを取り消す必要があります。