固定費

固定費とは、活動に関連して増減しない費用です。事業活動がない場合でも、組織が定期的に支払う必要があります。この概念は、財務分析でビジネスの損益分岐点を見つけたり、製品の価格を決定したりするために使用されます。

固定費の例として、建物の賃料は、その建物内の活動のレベルに関係なく、リースが切れるまで、または再交渉されるまで変更されません。その他の固定費の例としては、保険、減価償却、固定資産税があります。固定費は定期的に発生する傾向があるため、期間費用とみなされます。費用として請求される金額は、期間ごとにほとんど変化しない傾向があります。

企業の固定費要素が大きい場合、固定費を相殺するのに十分な貢献利益を得るには、かなりの量の販売量を生み出す必要があります。ただし、その販売レベルに達すると、このタイプのビジネスは一般にユニットあたりの変動費が比較的低くなるため、損益分岐点を超える大きな利益を生み出す可能性があります。この状況の例は、精製能力に関連する莫大な固定費を抱える石油精製所です。石油1バレルのコストが一定額を下回ると、製油所はお金を失います。しかし、石油の価格が一定額を超えて上昇した場合、製油所は非常に有益になる可能性があります。

逆に、企業の固定費が低い場合は、おそらくユニットあたりの変動費が高くなります。この場合、企業は非常に少ない量のレベルで利益を得ることができますが、売上が増加しても大規模な利益を得ることができません。たとえば、コンサルティングビジネスには固定費がほとんどありませんが、人件費のほとんどは変動します。

固定費は、原価計算の吸収基準に基づいて配分されます。この取り決めでは、固定製造間接費は、レポート期間に生産されたユニットに比例して割り当てられるため、資産として記録されます。ユニットが販売されると、原価は売上原価に請求されます。したがって、在庫に割り当てられている固定費の認識が遅れる可能性があります。