現在価値

現在価値は、1回以上の支払いで将来受け取る現金の現在価値であり、市場金利で割り引かれています。将来のキャッシュフローの現在価値は、現在受け取った現金をすぐに投資できるため、常に将来のキャッシュフローの同じ金額よりも少なくなります。これにより、将来の現金を受け取るという約束よりも大きな利益を得ることができます。

現在価値の概念は、年金債務の評価、固定資産への投資の決定、あるタイプの投資を別のタイプの投資よりも購入するかどうかなど、多くの金融アプリケーションで重要です。後者の場合、現在価値は、さまざまなタイプの投資を比較するための共通の基礎を提供します。

現在価値計算の重要な要素は、割引目的で使用する利率です。市場金利は理論的には最も正しいものですが、原資産のキャッシュフローの認識されたリスクを考慮して上下に調整することもできます。たとえば、キャッシュフローに非常に問題があると認識された場合、より高い割引率が正当化される可能性があり、その結果、現在価値が小さくなります。

現在価値の概念は、お金の価値が急速に低下し、将来のキャッシュフローが本質的にまったく価値を持たない超インフレ経済において特に重要です。現在価値を使用すると、この効果が明確になります。