社債

未払社債は、発行者が社債保有者に支払うべき金額を含む負債勘定です。債券は通常1年以上で満期になるため、この勘定科目は通常、貸借対照表の固定負債セクションに表示されます。それらが1年以内に満期になる場合、その項目は代わりに貸借対照表の流動負債セクションに表示されます。

社債の支払条件は、社債の額面金額、社債保有者に支払われる金利、特別返済条件、および発行体に課せられる約款を記載した社債契約に含まれています。

企業は、長期金利が低い場合に社債の債務を負う可能性が高く、そのため、長期間にわたって低コストの資金を固定することができます。逆に、この形式の資金調達は、金利が急上昇した場合にはあまり一般的に使用されません。債券は通常、大企業や政府によって発行されます。