配当性向の定義

配当性向は、報告された純利益に対する企業が投資家に支払う配当の割合です。投資家はこれを使用して、企業が配当を支払う能力を評価します。この比率を使用して、次の情報を導き出すことができます。

  • 高い比率は、会社の取締役会が本質的にすべての利益を投資家に引き渡していることを示しています。これは、ファンドのより良い内部使用がないように見えることを示しています。これは、ビジネスがどの成長市場でも運営されていないことを強く示しています。

  • 比率が低いということは、取締役会が事業への資金の再投資に関心を持っていることを示しており、投資家は代わりに市場での株式の評価を通じて利益を生み出すと想定しています。

  • 比率の低下傾向は、事業のキャッシュフローが減少していることを示している可能性があり、その結果、配当に利用できる現金が少なくなっています。

  • 上昇傾向は、事業のキャッシュフローが増加していることを示しており、企業はより多くの支払いをサポートしやすくなっています。

  • 1:1を超える配当性向は持続可能ではなく、最終的には事業の現金準備の危険な減少につながります。唯一の例外は、減価償却や償却などの非現金費用が、実際に生成されているキャッシュフローの金額を下回る純利益を押し下げている場合です。

配当性向の計算は、1株当たりの配当金の額を1株当たりの純利益の額で割ることです。式は次のとおりです。

1株当たり配当金÷1株当たり利益=配当性向

配当性向は、現金項目(支払われた配当金)を発生主義項目(純利益)と比較するため、誤解を招く可能性があります。大規模な配当金の分配をサポートするのに十分なキャッシュフローがなくても、企業が高い純利益の数値を報告する可能性は十分にあります。そのため、2つの数値の関係は曖昧になる可能性があります。

投資家の観点からは、比率は安定しているか、上昇傾向にある必要があります。そうでなければ、以前は信頼できる配当のために株式に引き付けられた投資家は彼らの株式を売却し、その結果、会社の株価が下がるでしょう。