売上原価は費用ですか?

売上原価は通常、企業が負担する最大の費用です。この広告申込情報は、販売された製品またはサービスを作成するために発生した費用の合計です。売上原価は、マッチング原則の下で売上高にリンクされていると見なされます。したがって、販売が発生したときに収益を認識したら、同時に販売された商品の原価を主要な相殺費用として認識する必要があります。これは、売上原価が費用であることを意味します。これは、損益計算書の販売明細の直後、販売および管理明細の前に表示されます。

商品やサービスの販売がない場合、理論的には売上原価はないはずです。代わりに、商品およびサービスに関連するコストは、現在の資産として貸借対照表に表示される在庫資産勘定に記録されます。実際には、売上原価勘定に記録される一部のコストは、実際には期間コストである可能性があるため、必ずしも商品またはサービスに直接関連付けられているとは限らず、それらに割り当てられません。また、組合のストライキの場合のように、生産が全くない場合でも、生産関連の費用(施設賃料など)が発生する場合があります。このような場合、売上がない場合でも売上原価が発生する可能性があります。

次のすべての問題により、売上原価は時間の経過とともに大幅に変動する可能性があります。

  • 原材料の購入価格の変動

  • 人件費の変化

  • 販売された製品の構成の変化

  • 製品に割り当てられた間接費のコストの変更

  • 間接費配賦方法の変更

  • FIFOまたはLIFO原価計算でアクセスされる在庫レイヤーの変更

  • 発生したスクラップと腐敗の量の変化