設備投資の定義

設備投資は、資本支出という用語の短縮形であり、新しい固定資産の追加、古い固定資産の交換、およびそれらの維持費の支払いにかかる支出を指します。一部の企業の成功は、その能力を構築するために、継続的に大規模な設備投資を行うことに依存する可能性があります。

ビジネスを運営するために必要な設備投資のレベルは、業界によって劇的に異なります。たとえば、税務会計会社などの専門サービス事業には、設備投資がまったくない場合があります。逆に、石油輸送事業はパイプライン、タンカー、貯蔵施設に巨額の投資をしなければならないため、設備投資は年間支出の大部分を占めています。

設備投資項目の取得には、通常、経営陣による正式な分析と承認が必要であり、より高価な項目では、取締役会の承認が必要になる場合もあります。この分析には通常、要求された設備投資に関連する割引キャッシュフローのレビューが含まれます。別の方法は、ビジネスの制約されたリソースに対する支出の影響に基づいて投資決定を行うことです。

設備投資の会計処理は、資産の性質によって異なります。2つの選択肢は次のとおりです。

  • 資産処理。支出が事業の資本制限を超えており、一定期間にわたって効用が使い果たされる資産に対するものである場合は、それを固定資産として記録し、資産の耐用年数にわたって減価償却します。

  • 経費処理。支出が資本化制限を下回っている場合、または結果が資産を現在の状態に維持するだけの場合は、発生時に費用として請求します。

外部のアナリストは、企業が毎年報告する設備投資のレベルを追跡して、企業の運営を維持するのに十分な金額を投資しているかどうかを確認する場合があります。次の理由により、この分析は常に正確であるとは限りません。

  • ステップコスト。企業は、生産施設全体など、非常に大きな設備投資アイテムを購入する必要があった可能性があります。これは、その後の年ごとに複製する必要はありません。したがって、設備投資の傾向線はゴツゴツする傾向があります。

  • 買収と処分。大企業は、固定資産とともに子会社を定期的に売買する場合があります。解約率が高いと、親会社の年間設備投資の真の金額を確認することが困難になります。