72の法則の定義

72の法則は、特定の年間収益率が与えられた場合に、投資したお金を2倍にするのにかかる年数を見積もるために使用される計算です。このルールは、電子スプレッドシートや計算機など、より正確な計算方法にアクセスできない状況で役立ちます。計算は次のとおりです。

(72÷投資された資金の利率)=投資を2倍にする年数

例えば:

  • 1%の金利。(72/1 = 72。0年)

  • 2%の金利。(72/2 = 36。0年)

  • 3%の金利。(72/3 = 24。0年)

  • 4%の金利。(72/4 = 18。0年)

  • 5%の金利。(72/5 = 14。4年)

  • 6%の金利。(72/6 = 12。0年)

  • 7%の金利。(72/7 = 10。3年)

  • 8%の金利。(72/8 = 9。0年)

  • 9%の金利。(72/9 = 8。0年)

  • 10%の金利。(72/10 = 7。2年)

72の法則は、低い収益率に対してはかなり正確であり、高い収益率が計算に組み込まれると、ますます不正確になります。したがって、計算機または電子スプレッドシートを使用して、より高い収益率の倍増期間をより正確に決定するのが最善です。

利率を69に分割すると、連続複利を想定した場合により正確な結果が得られますが、72に分割するよりも手動で69に分割する方が困難です。

72の法則には、投資ファンド以外の用途があります。たとえば、ある国の持続可能な成長率が4%の場合、経済は18年で2倍になるはずです。または、人口が1年に1%の割合で増加している場合、人口は72年で2倍になります。

これが単なる推定ツールであるという事実を除いて、ルールに関する他の問題は、それが一般的に長期間に適用されるということです。長期間にわたって見積もる場合、一貫したリターンを達成する能力には問題があるため、達成される実際のリターンは、ルールが示すものとは異なる可能性があります。