オンライン処理

オンライン処理とは、コンピュータシステムにリアルタイムでトランザクションを継続的に入力することです。このシステムの反対はバッチ処理であり、トランザクションはドキュメントのスタックに積み上げられ、バッチでコンピュータシステムに入力されます。

オンライン処理は、コンピューターレポートの情報が最新であるため、コンピューターレポートの使いやすさを向上させる主な要因です。たとえば、倉庫のスタッフはオンライン処理を使用して、倉庫内のアイテムに添付されたバーコードをスキャンし、それによって倉庫内の場所から場所へのこれらのアイテムの移動を文書化できます。在庫を探している人は、この情報に基づいて在庫の現在の場所を特定できます。古いバッチ処理システムでは、これらの在庫転送トランザクションは翌日までコンピュータシステムに読み込まれない場合があります。それまでは、システムに保存されている在庫場所情報が不正確です。

労働力の利用の観点からは、バッチ処理はオンライン処理よりも効率的です。これは、従業員が短時間で多数のトランザクションを処理できるためです。ただし、この環境での情報のリアルタイム精度の付随的な低下により、バッチ処理はオンライン処理に代わるものではなくなります。