FOB出荷ポイント

FOB出荷ポイントという用語は、「船上出荷ポイント無料」という用語の短縮形です。この用語は、商品がサプライヤーの出荷ドックを離れると、バイヤーがサプライヤーによって出荷されている商品の配達を受けることを意味します。バイヤーはサプライヤーの出荷ドックからの出発点で所有権を取得するため、サプライヤーはその時点で販売を記録する必要があります。

バイヤーは、同じ時点で在庫の増加を記録する必要があります(バイヤーは、サプライヤーの出荷ドックからの出発時に発生する所有権のリスクと見返りを引き受けているため)。また、これらの条件の下で、購入者はその施設に製品を出荷する費用を負担します。

商品が輸送中に破損した場合、購入者は商品が破損した期間中に商品の所有権を持っているため、保険会社に請求を行う必要があります。

現実的には、バイヤーが出荷ポイントで配達を記録することは非常に困難です。これには、外部の場所からバイヤーの在庫管理システムに適切に通知する必要があるためです。実用的な観点から、レシートの認識は、代わりにバイヤーのレシートドックで完了します。したがって、出荷は売り手の施設を出たときに販売が記録され、買い手の施設に到着したときに領収書が記録されます。これは、取り決めの法的条件とそれに対する一般的な会計処理との間に違いがあることを意味します。

バイヤーの輸送部門は、FOB出荷ポイントの条件を主張する場合があります。これにより、サプライヤーの出荷ドックを離れた商品の配送を完全に制御できます。