固定資産の例

固定資産は、複数のレポート期間にわたって購買組織に利益をもたらすことが期待される項目です。取得すると、これらのアイテムは固定資産勘定に記録されます。会計上の目的で、これらのアイテムは、その特性に基づいて複数のアカウントに分けられます。以下は、固定資産勘定の例です。

  • 建物。エンティティが所有するすべての施設が含まれます。

  • コンピュータ機器。サーバー、デスクトップコンピューター、ラップトップなど、あらゆる種類のコンピューター機器が含まれます。

  • コンピュータソフトウェア。通常、最も高価なタイプのソフトウェアのみが含まれます。その他はすべて、発生時に費用として請求されます。

  • 建設仮勘定。これは、建設費が記録されている累積勘定です。資産(通常は建物)が完成すると、残高は関連する固定資産勘定に移動されます。

  • 家具および備品。テーブル、椅子、ファイリングキャビネット、キュービクルの壁などが含まれます。

  • 無形資産。特許、無線ライセンス、著作権の費用など、すべての無形資産が含まれます。

  • 土地。購入した土地の費用が含まれ、土地の改良の費用も含まれる場合があります(それ以外の場合は別のアカウントに記録されます)。

  • 借地権の改善。賃貸スペースの改修にかかる費用を含みます。

  • 機械。通常、生産機械を指します。

  • オフィス機器。コピー機および同様の管理機器が含まれますが、コンピューターは含まれません(別のアカウントがあります)。

  • 車両。社用車、トラック、およびフォークリフトなどのより特殊な移動装置を含めることができます。

これらの固定資産勘定は通常、貸借対照表で報告するときに単一の項目に集約されます。この固定資産の項目は、減価償却累計額の対勘定と対になって、報告企業の帳簿上の固定資産の正味額を明らかにします。