変動金利優先株式

変動金利優先株式は、ベンチマーク金利の変更によって変更される配当を支払う優先株式の一種です。配当の変更は通常、四半期ごとに行われます。一般的なベンチマークは、財務省短期証券に関連するレートです。配当金と連動ベンチマークレートの計算は、株式発行時に設定されます。発行者が過度に多額の配当を支払う必要がないように、許容配当には通常、レートキャップがあります。

変動金利優先株式の市場価値は、組み込みの金利調整が金利の変化から株式価値を隔離するため、非常に安定している傾向があります。