委託会計

委託の概要

委託は、商品が所有者(荷送人)から代理人(荷受人)に送られ、代理人(荷受人)が商品の販売を行うときに発生します。荷送人は販売されるまで商品を所有し続けるため、商品は荷受人ではなく荷送人の会計記録に在庫として表示されます。

委託会計-商品の初期転送

荷送人が荷受人に商品を送る場合、商品の物理的な移動に関連する会計仕訳を作成する必要はありません。通常、荷送人の在庫記録管理システム内で場所の変更を記録するだけで十分です。さらに、荷送人は次の保守作業を検討する必要があります。

  • 荷受人の敷地内にあるべき在庫を記載した声明を定期的に荷受人に送信します。荷受人は、このステートメントを使用して、手元の実際の金額を荷送人の記録に定期的に照合することができます。

  • 荷送人が実地棚卸を行っている各会計期間の終わりに、荷受人に手持ち在庫の明細書を要求します。荷送人は、この情報を在庫レコードに組み込んで、完全に評価された最終在庫残高に到達します。

  • 荷受人から報告された在庫の監査を時折実施することも役立つ場合があります。

荷受人の観点からは、委託在庫は荷送人が所有しているため、記録する必要はありません。調整と保険の目的で、すべての委託在庫の個別の記録を保持すると便利な場合があります。

委託会計-荷受人による商品の販売

荷受人が最終的に委託品を販売する場合、事前に決められた販売額を荷送人に支払います。荷送人は、この事前に取り決められた金額を、現金への借方と販売への貸方で記録します。また、売上原価への借方と在庫への貸方を使用して、関連する在庫量をレコードから削除します。売却取引の利益または損失は、これら2つのエントリから発生します。

荷受人との取り決めによっては、荷送人が荷受人に販売手数料を支払う場合があります。もしそうなら、これは手数料費用への借方と買掛金への貸方です。

荷受人の観点からは、販売トランザクションは、販売された委託品の荷送人への支払いをトリガーします。第三者への商品の販売を記録するための販売取引もあります。これは、現金または売掛金への借方と販売への貸方です。