繰延費用

繰延費用は、すでに発生しているがまだ消費されていない費用です。原資産またはサービスが消費されるまで、原価は資産として記録されます。その時点で、費用は費用として請求されます。繰延費用は当初資産として記録されるため、貸借対照表に表示されます(おそらく1年以内に消費されるため、通常は流動資産として)。

会計士は(所定の経費勘定ではなく)会計ソフトウェアに手動で延期を入力する必要があるため、実用的な観点からは、少量の未消費の商品やサービスに関連する経費を延期することはほとんど意味がありません。これらのアイテムを後日費用として請求します。代わりに、財務諸表に重大な影響がない限り、これらの項目を直ちに費用として請求します。このアプローチでは、延期処理のために大規模なトランザクションのみが予約されます。必ずしも一度に消費されるわけではないが、すぐに費用が発生するアイテムの良い例は、事務用品です。

繰延費用の例として、ABCインターナショナルは5月の家賃に対して4月に10,000ドルを支払います。この費用は、前払いの家賃資産勘定の支払い時点(4月)で繰り延べられます。5月に、ABCはプリペイド資産を消費したため、プリペイド賃貸資産勘定に貸方記入し、賃貸費用勘定から借方に記入します。

繰延費用の他の例は次のとおりです。

  • 費用が発生した固定資産の一部として資産計上される支払利息

  • 将来の補償のために前払いされた保険

  • 減価償却の形で耐用年数にわたって費用として請求される固定資産のコスト

  • 債務証書の発行を登録するために発生した費用

  • 償却としての耐用年数にわたって費用として請求される無形資産の費用

一般に認められている会計原則または国際財務報告基準で長期資産の費用に含める必要があり、その後長期間にわたって費用を請求する場合は、費用を繰り延べる必要があります。たとえば、建物などの建設資産のコストに利息のコストを含めてから、資産全体の耐用年数にわたって減価償却の形で建物のコストを費用として請求する必要がある場合があります。この場合、利息の費用は繰延費用です。

同類項

繰延費用は、前払い費用とも呼ばれます。