現金配当の会計処理方法

取締役会が現金配当を宣言したら、利益剰余金勘定を借方に記入し、配当金勘定に貸方記入することで、資本を減らし、負債を増やします。したがって、現金がまだ支払われていなくても、取締役会が配当を宣言するとすぐに、貸借対照表の資本セクションが即座に減少します。

後で株主に配当金が支払われるときは、配当金勘定科目を借方に記入し、現金勘定科目に貸方記入することで、現金と相殺負債の両方を削減します。これら2つの取引の正味の効果は、現金と資本の削減です。つまり、現金配当の影響全体が貸借対照表に含まれます。損益計算書への影響はありませんが、支払いはキャッシュフロー計算書の財務活動セクションに現金の使用として表示されます。

たとえば、Hostetler Corporationの取締役会は、会社の発行済み10,000株ごとに1ドルの配当を宣言します。次のエントリを記録します。