課税ベース

課税基準は、課税対象となる企業の資産または所得の査定額です。この概念は、政府機関の税収を導出するために使用されます。たとえば、地域の課税ベースが不動産の価値から導き出されている場合、不動産価格の上昇は、それに対応して統治体の固定資産税の増加をもたらします。地域の課税ベースが変動する場合(地域が成長段階から不況に移行するときに発生する可能性があるように)、結果は該当する政府の税収の対応する変化になります。