分離可能なコスト

分離可能コストとは、特定の製品に割り当てることができる、製造プロセスの分割ポイントの後に発生するコストです。これらの製品のいずれかが販売される価格は、損失をもたらす可能性があるため、発生した分離可能なコストの金額を下回ってはなりません。