費用と費用の違い

コストと費用の違いは、コストは支出を識別し、費用は取得したアイテムの消費を指すことです。これらの用語は頻繁に混ざり合っており、会計士になるためのトレーニングをしている人々にとって違いを理解するのは困難です。これらの概念は、以下に拡張されています。

コストは支出という用語に最も近いので、何かを取得し、それをある場所に輸送し、セットアップするためにリソースを消費したことを意味します。ただし、取得したアイテムがまだ消費されているわけではありません。したがって、リソースを消費したアイテムは、消費されるまで資産として分類する必要があります。購入したアイテムが記録される資産分類の例は、前払費用、在庫、および固定資産です。

たとえば、自動車のコストは40,000ドル(それはあなたがそれに対して支払ったものであるため)であり、あなたが構築した製品のコストは25ドルです(それはあなたがそれを構築するために行った支出の合計であるため)。自動車のコストには消費税と配送料が含まれる可能性がありますが、製品のコストには材料費、人件費、製造オーバーヘッドが含まれる可能性があります。どちらの場合も、自動車と製品を購入するために資金を費やしましたが、どちらもまだ消費していません。したがって、最初の支出は固定資産に分類され、2番目の支出は在庫に分類されます。同様に、従業員に支払われる前払金は前払費用として分類されます。

費用ユーティリティが使い果たされたコストです。それは消費されました。たとえば、購入した40,000ドルの自動車は、最終的には数年にわたる減価償却によって費用が請求され、25ドルの製品は、最終的に販売されたときに売上原価に請求されます。最初のケースでは、資産から費用への変換は、減価償却費勘定への借方と減価償却累計額勘定(固定資産を減らす反対勘定)への貸方で行われます。 2番目のケースでは、資産から費用への変換は、売上原価への借方と在庫勘定への貸方で行われます。したがって、どちらの場合も、資産として扱われたコストを、原資産が消費されたときに費用に変換しました。自動車資産は徐々に消費されていますが、そのため、減価償却を使用して最終的に費用に変換しています。在庫品目は1回の販売取引で消費されるため、販売が発生するとすぐに費用に変換されます。

費用の別の考え方は、マッチングの原則に基づいて収益を生み出すために行われた支出です。これは、販売が発生するとすぐに在庫が費用に変換された最後のケースで特に顕著でした。マッチングの原則の下で、トランザクションの収益と費用の両方の側面を同時に認識するため、トランザクションに関連する純利益または純損失がすぐに明らかになります。したがって、関連する収益が認識されるとすぐに、原価は費用に変換されます。

コストが実際にコストとして正確に扱われることが多い主な理由は、ほとんどの支出が一度に消費されるため、すぐにコストからコストに変換されるためです。この状況は、月々の光熱費、管理給与、家賃、事務用品など、特定の期間に関連する支出で発生します。

残念ながら、コストと費用は、会計用語の中でも同じ意味で使用される傾向があります。財務会計基準審議会によって維持されている会計基準コード化のマスター用語集は、どちらの用語も定義していません。したがって、上記の定義は一般的な使用法から派生しています。