一時的なアカウント

一時勘定とは、各会計年度に残高がゼロで始まる勘定です。年末に、その期末残高は別の口座に移され、次の会計年度に新しい一連の取引を蓄積するために再び使用できるようになります。一時勘定は、1年間の事業の利益または損失に影響を与えるトランザクションをまとめるために使用されます。一時的なアカウントの例は次のとおりです。

  • 収益勘定

  • 経費勘定(売上原価、補償経費、消耗品経費勘定など)

  • 損益勘定(資産売却勘定の損失など)

  • 収入概要勘定

これらのアカウントの残高は、会計年度中に増加するはずです。それらはめったに減少しません。一時勘定の残高は、損益計算書の作成に使用されます。

会計年度末に、一時勘定の残高は、場合によっては収益要約勘定を経由して、利益剰余金勘定にシフトされます。一時的なアカウントから残高をシフトするプロセスは、アカウントの閉鎖と呼ばれます。会計ソフトウェアパッケージを使用して会計取引を記録している場合、この利益剰余金勘定への移行は自動的に実行されます。

他の主なタイプのアカウントは、残高が継続的に保持される永続的なアカウントです。これらの勘定は貸借対照表に集約され、資産、負債、および資本に関連する取引が含まれます。

同類項

一時的なアカウントは、名目アカウントとも呼ばれます。