利息収入

受取利息は、企業が行った投資または所有する負債から企業が受け取る収益です。発生主義の会計では、企業は、利息を獲得している限り、利息の現金でまだ支払われていなくても、利息収入を記録する必要があります。これは、見越仕訳で行われます。現金主義の会計では、利息収益は、企業が利息の現金支払いを受け取った場合にのみ記録されます。

たとえば、発生主義の会計を使用している会社は、譲渡性預金を10,000ドルで購入し、6%の利息を獲得します。これにより、1年後に600ドルの利息収入が得られます。この利息収入を記録する仕訳は次のようになります。