製品単価の計算方法

ユニット製品コストは、生産実行の総コストを生産ユニット数で割ったものです。コストがどのように累積されるかを理解するために、概念をより詳細に掘り下げることは有用です。企業は通常、バッチごとに数百または数千のユニットを含む可能性のあるバッチで同様の製品を製造します。コストはこれらのバッチごとに累積され、コストプールに要約されます。次に、コストプールが生産されたユニットの数で除算され、製品のユニットコストになります。このコストプールの通常の内容は、バッチの直接材料費と直接人件費の合計、および工場の間接費の割り当てです。

たとえば、企業は1,000個の緑色のウィジェットを作成します。同社の原価計算担当者は、企業が直接材料費に12,000ドル、直接人件費に2,000ドルを費やし、ウィジェットのバッチを完了するために8,000ドルの工場間接費を負担したと判断しました。生産された1,000ユニットで割ると、この合計22,000ドルのコストは、1個あたり22ドルの製品ユニットコストになります。

上記の説明では、製品単価の計算は単純に見えるかもしれませんが、概念にはさまざまなバリエーションがあり、計算がより困難になっています。次のことを考慮してください。

  • 異常なコスト。特定の期間に異常に高い生産費が発生する場合は、製品単価の計算に含めないことを検討してください。そうしないと、追加コストが発生した期間だけでユニットコストが異常に高くなり、問題のユニットを製造するための長期的なコストも反映されません。

  • オーバーヘッドインクルージョン。個々の製品ユニットに割り当てられる間接費には、製造間接費のみを含める必要があります。無関係な管理コストは厳密に除外する必要があります。

  • 情報の目的。製品の単価が導き出される理由が製品を販売するための最低価格を決定することである場合、計算には間接費の割り当てを含めるべきではなく、おそらく直接人件費の請求さえも含まないはずです。多くの場合、製品に関連する唯一の直接コストは、その直接材料費です。逆に、発生したすべてのコストを吸収する長期価格を導き出すために情報を使用することが目的である場合は、間接費を確実に計算に含める必要があります。