繰延収益

繰延収益は、将来の商品またはサービスに対する顧客からの支払いです。まだ獲得されていないため、売り手はこの支払いを負債として記録します。繰延収益は、何ヶ月も続く可能性のあるサービス期間と引き換えに前払いを必要とするソフトウェアおよび保険プロバイダーの間で一般的です。

繰延収益認識

受信者が時間の経過とともに収益を得ると、(借方のある)繰延収益勘定の残高が減少し、(貸方のある)収益勘定の残高が増加します。契約条件によっては、販売事業体は、すべての商品が配達されるか、サービスが完了するまで、収益を認識できない場合があります。これにより、報告されたビジネスのパフォーマンスが歪んで早期の損失が発生し、その後に利益が発生する可能性があります。

繰延収益勘定は通常、貸借対照表で流動負債として分類されます。今後12か月以内に業績が見込めない場合は、固定負債に分類できます。

繰延収益会計

たとえば、Alpha Corporationは、Northern Plowingを雇って駐車場を耕し、前払いで5,000ドルを支払います。これにより、Northernは、冬の間、会社に最初の耕起を優先させます。支払いの時点で、Northernはまだ収益を獲得していないため、次の繰延収益仕訳を使用して、5,000ドルすべてを繰延収益勘定に記録します。