延滞配当

延滞配当金は、予定日までに支払われていない累積優先株式に関連する配当金です。発行事業体が支払いを行うのに十分な現金を持っていないため、これらの配当は取締役会によって承認されていません。代わりに、この不払いの存在は、財務諸表に付随する脚注に開示されています。

延滞配当は、企業の財政状況がこれらの支払いを許可しない場合、その後のいくつかの支払い日に積み重なる可能性があります。状況が改善した場合、取締役会はこれらの配当金の一部または全部を支払うことを承認します。承認が行われると、これらの配当は発行体の貸借対照表に固定負債として表示されます。

支払われると、延滞配当は関連する優先株式の現在の保有者に送られます。配当金が滞納していた時点で株式を保有していた個人または団体への支払いは行われません。

延滞配当の全額が優先株主に支払われるまで配当を受け取ることができないため、延滞配当の存在は普通株主にとって懸念事項です。